保護者の皆様へ

ご入会のご検討にあたり、こちらのページをお子様とご一緒にご一読ください。

 

 

◇学校の授業を大切にしていますか?

 

「勉強は苦手だなぁ」とか「成績を上げるにはどうすればいいんだろう?」という悩みをよく耳にしますが、学校の授業にはどの程度集中できていますか?成績アップの為には塾や個別指導を利用することを真っ先に考えがちですが、その前に学校の授業が何よりも大切です!

 

確かに学校の授業も万全ではなく、入試対策に至っては塾に任せてしまっていることも事実です。入試頻出の重要事項すら解説できない先生もいらっしゃいます。ですから、なんらかの塾を利用しようと考えるのは当然であり、間違いではありません。

 

しかし、一般に塾や個別指導などでは、学校で教わったという前提で授業が進められます。「後で塾でやるからいいや」と学校の授業をおろそかにして、いざ塾に行ってみると基礎を飛ばして全くわからない応用問題ばかりやっていたなんてことも多々あり、結局のところ苦手意識から脱却できず、成績アップにつなげることができません。また、学校の授業に集中できていないのに、塾や個別指導の授業に集中できるはずもありません。 概して集中力のない生徒さんは逃げ癖がついてしまい、それを払拭するのも相当困難になってきます。

 

学校の授業では最初から100%の理解を求める必要はありません。重要な基礎事項だけでも覚えられるよう、集中してしっかりノートをとるよう努めてください。私たちの授業でも基礎から丁寧にご指導致しますが、やはり、基礎事項が頭に入っている生徒さんとそうでない生徒さんでは格段に習得スピードが違ってきます。学校で基礎事項を学んだ上で、弱点克服・細かな知識の補強、さらに応用問題の習得のために私たちをご活用して頂くことが、効率良く学力をアップできる秘訣だと思います。


◇主体は生徒さん本人です!

 

誤解されている方が多いのですが、塾や個別指導を利用すれば必ず学力がアップするわけではありません。

スポーツ同様、生徒さん本人のやる気と努力なくして成果を期待することは絶対にできません。それは、どんな有名な塾に通ったとしてもです。いわば、勉強は頭のスポーツです。毎日コツコツと努力を重ねることで力をつけることができます。

 

仮に週1回1時間数学の塾に通ったとしましょう。A君は、塾以外に毎日1時間数学の勉強をします。一方B君は、週1回塾の時しか数学を勉強しません。どちらが数学を得意としていくことができるでしょうか?答えは明白だと思います。では、二人の違いはどこにあるのでしょうか?能力の差ではありません。単純にやる気と努力の差です。

 

当教室でも、授業以外に宿題や予習をしてきてもらいます。授業以外で、自分で数多くの問題にあたることで、より理解を深められ、自信をつけていくことができるからです。でももし、こういった作業を面倒くさいとか、一朝一夕で学力をアップさせたいとお考えになるならば、ご入会は一度控えられた方が良いかもしれません。残念ながら、そんな魔法のようなものは存在しません。

 

現段階の学力や成績は問題ではありません。やる気を持った生徒さんの力になりたいと思っております。

必要なのは、やる気と努力と諦めない気持ちです!


◇現段階の学習状況の把握

 

この欄で記載するのは、単純に今現在の自分の学習習慣、学力レベルがどういった感じかを把握して頂くことが目的で、優劣をつけるものではございません。前項でも述べたように、勉強に必要なのは、やる気と努力と諦めない気持ちです。それさえあれば、必ずいつかは良い点数を取ることができます。ただ、生徒さん一人一人学習習慣や学力も違いますので、おのずとスタートラインも違ってきます。ですから、実際授業を始める前に、ご自身の状況を再確認して頂きたいと思います。

 

A, 学力状況

1, 足し算、引き算、掛け算、割り算、( )が混じったときの計算はできますか?

(例) (10-5)×6÷2       (答え 15)

 

2, 逆数の考え方は覚えていますか?

(例) 5÷3 は 5×1/3 と計算する。

 

3, 百分率と歩合の考え方は覚えていますか?

(例) 15%を分数と少数で表すと? 3割を分数と少数で表すと?

(答え 15/100、0.15、3/10、0.3)

 

(例) 20%の食塩水500gに含まれる食塩のg数は?

(答え 500×20/100=100g)

 

4, 正負や文字式の計算はできますか?(未習の場合はとばしてください)

(例) -5+(-6)÷(-2)       (答え -2)

(例) 10×b×c×a             (答え 10abc)

 

  *1~3は算数、4は数学の内容です。

 

B, 学習習慣

1, 1日の勉強時間が1時間未満である。

 

2, 勉強のやり方が分からない。

 

3, 成績表が1や2である。

 

A、Bに関して、全く問題ない生徒さんもいれば、いくつかあてはまる生徒さんもいると思いますが、それぞれが必要なラインからスタートすればいいだけです。たとえ今の段階で算数分野に抜けがあっても、恥ずかしがることなく現在の状況をお話しください。少しずつ実力をつけていきましょう!

 


◇保護者の皆様のご理解とご協力

 

実際に指導するにあたり、保護者の皆様にご理解とご協力を頂きたいことがございます。

 

ひとつは、お子様の性格や好き嫌い・趣味などをある程度お教え頂きたいということです。授業はただ必要事項を淡々と説明すれば良いものではなく、楽しい話題を混ぜながら、集中力を持続できるよう進めてまいりたいと思っています。特に最初の頃は、まだお子様の性格を把握しきれないと思いますし、ご本人も緊張からなかなか言いたいことを言えないかもしれません。

 

前もって情報を頂けますと、コミュにケーションやお子様に合わせた授業作りを円滑に行っていくことができますので、ご協力頂けますと幸いです。保護者の皆様とは、毎回の授業終了後に簡単な面談をさせて頂きたいと思いますので、ご相談やお子様の学校生活などでお気づきになった点などを是非お話しください。

 

次に、学力が目に見えてアップしたと分かるまでには時間がかかる場合があるということです。勉強は基本的に、下の学年の内容を習得した上で次の段階へと進んでいきます。しかし、前項でもご確認して頂いたように、算数の分野に抜けがあった場合は一度そこに戻って、また今の学年の内容まで登ってこなくてはいけなくなります。

 

仮に今中学2年生で、小学5年生の知識が抜けているならば、小学5年生~中学1年生の内容を習得した上でないと、中学2年生の内容を進められない事になります。しかし、この間学校では、定期テストや模擬試験などがあり、当然中学2年生の内容を扱います。もちろん、点数は芳しくないと思います。でもだからといって、本人の実力が上がっていないかというとそうではありません、ちゃんと実力は上がっています。ただそれがまだ小学6年生か中学1年生くらいの内容ということです。これはある意味、それまで勉強をおろそかにして来てしまった事が原因だとお考え下さい。しかし、諦めなければ必ず追いつくことができますので、長い目で見守って頂ければと思います。

 

また、理解力にも当然個人差があります。一足飛びで進んでいく生徒さんもいれば、一歩一歩着実に進んでいく生徒さんもいます。良し悪しの問題ではなく、個々に合った学習ペースがあるということです。保護者の皆様の心境では、「早く成績が上がってほしい」、「またこんな点数で」など数字に一喜一憂されてしまうかもしれませんが、その焦りがかえってお子様に過度のプレッシャーを与えてしまい、学習ペースを遅らせてしまう可能性もございます。勉強するのはお子様本人ですが、動じず信じて待つことが保護者の皆様には必要になってくることをどうぞご理解頂きたいと思います。

 


◇最後に

 

今や、学生の多くが当たり前のように大学まで進学する時代になりました。そしてその間様々な数式や公式を習うわけですが、将来それらの知識が大いに活躍するのは、一部の専門職と呼ばれる職業に就いた時くらいだと思います。極端な話、勉強をしなくても生きていくことは可能です。ではなぜ勉強するのか?それは、複雑な社会を賢く生き抜き、夢や目標を実現させていく為だからだと思います。大人になると、人生における答えの無い難問ばかりにぶつかります。 そしてそれを自分自身の力で解決していくことが求められます。豊富な知識や知恵、冷静な判断力、理解力、思考力などが必要になってくるわけです。問題を解決せず先延ばしにして生きていくことも可能でしょう。しかし、夢や目標を実現させていくには、そのような問題をいくつも解決し、壁を越えていかなければなりません。

 

学生という期間は、純粋に自分のやりたい事に没頭できる素晴らしい時期です。大人になると、いろいろな社会的要因のため、なかなか自分のやりたい事に没頭できなくなってきます。ですから、この素晴らしく恵まれた期間に、まずは答えのある問題に数多く取り組み、いずれ来る答えの無い問題解決の為に、大いに自分自身の力を磨いていって欲しいのです。

 

私たちの授業を通して、勉強とは単に〇☓ではなく、自分自身の人生をより良くするための道具なのだと思って頂き、自主性を持って明るい未来を切り開いて行って頂けたら幸いです。

 

受験・医療専門予備校&家庭教師 江戸塾