英単語の学習方法!

こんにちは!

オンライン家庭教師ライムライト江戸亮茉です。

 

本日は、英単語の覚え方について説明していきたいと思います。

私もすべての英単語を覚えているわけではありませんが、日々新しい単語や熟語をインプットしていくようにしています。

英語を読める聞ける話せる書けるが出来るようになるためには、文法も大事ですが語彙力も必要なのです。

ですので、皆さんには私が取り入れている語彙力アップ法を2つお伝えします。

 

まず、1つ目は『辞書は絶対に使う!』です。付け加えるならば紙辞書が良いです。

なぜ辞書が大事かというと、自分で調べるという行為は知識が頭に残り易いからです。

人から聞いたものというのは短時間で忘れてしまいますが、自分が積極的に勉強をしていく中で覚えたものは長期記憶へと変化していきます。

また紙辞書で調べることで、調べようとしていた意味や単語だけでなく、他の使い方や別の単語にも目を向ける事ができ、1個の単語から派生して単語のネットワークが形成されていきます。

この単語のネットワーク形成こそが単語や熟語をどんどん覚えていくための秘訣と言えるでしょう。

 

2つ目は、『5感をフル活用せよ!!』です。

巷では1秒単語練習や教科書や単語帳をパラパラめくるだけで覚えていくという方法が取り上げられたりしますが、はっきり申し上げるとその方法では長期記憶としては残りません!

日本独自の入試や付け焼刃の英語力を育てるだけなら、その方法でも問題ないと思います。

 

しかし、私たちが目指す目標はそんな低いレベルではなく、単なる試験を超えて英作文や会話でも使えるようにしていくことです。

その為には、数秒で覚えて数秒で忘れる方法では全く意味がないのです。

 

ではどうしたらよいか?

まず単語をよく見て綴りをチェックしましょう。これが視覚効果です。次に手で実際にノートに書いてみましょう。触覚で記憶させていきます。

そして、自分の口で発音し、音として捉えてください。これが聴覚効果に繋がります。大半のものはこの3つの感覚に訴えかけることで単語が驚くべき程身につきます。

さらに、より具体的にイメージしていくと効果抜群です。香水などの様に匂いに関連した単語は、本当にその臭いを嗅いでいるつもりで嗅覚を刺激してみたり、甘い・苦いなど味を表す単語では、まるで今食べているかのように味覚を意識するのです。

 

このように5感を刺激しながら学習していくことで、最終的には英語を日本語として変換することなく英語の音のまま単語が表しているものを認識出来るようになってきます。

これがいわゆる英語脳というものです。

 

単語学習で悩んでおられる方は是非とも試してみてください。

私も皆さんと一緒に語彙力アップを目指していきます!

 

 

オンライン予備校&家庭教師

ライムライト

~小学校高学年・中学生・高校生・社会人を対象にした英数専門教室~

Tel:080-5315-6011

Mail:info@katekyo-limelight.com